行政書士の模擬試験を受けたら解答速報を利用しよう

行政書士の試験勉強に解答速報は必須!合格するために必要なこと

行政書士と相性抜群な資格

  • 簿記
  • 司法書士
  • 税理士
  • 宅地建物取引士
  • ファイナンシャルプランナー
  • 社会労務士
  • 不動産鑑定士
  • 測量士
  • 建築士
  • 中小企業診断士

ダブルライセンスにおすすめな資格

税理士

税理士は、税金に関するプロといえます。税金の知識に長けていて、独占業務があります。独占業務は、専門の国家資格を持っている人にしかできない業務のことです。税務代理業務と税務相談と税務書類の作成の3つは税理士にしかできない業務です。行政書士の資格と一緒に持っていると、税理士の仕事をベースにビジネスを進めていくことが出来るでしょう。

社会保険労務士

社会保険労務士は、保険や年金などの社会保険の手続きを行うプロです。社会保険労務士は、安定した仕事が見込めるので、行政書士の仕事と合わせると安定した収入を手に入れることが出来るでしょう。独立と勤務どちらの道を選ぶことが出来るのも強みのひとつでしょう。

宅地建物取引士

宅地建物取引士は、不動産屋などで賃貸や売買の契約やサポートを主に行います。宅地建物取引士は他の仕事より人と接する機会が多いので、地域の人とのネットワークを作ることが出来ます。なので、作ったネットワークを活かして行政書士の仕事を貰うことが可能です。主任の資格があると不動産会社への就職もとても有利になります。

司法書士

司法書士は士業で、行政書士も士業です。どちらも法律に関した仕事をしているため似ていると思われますが、司法書士は裁判なども手掛けます。その他にも不動産などの登記や債務整理も行っているので、仕事の幅が広くなっています。行政書士とダブルライセンスすることで、さまざまな仕事を受けられるようになるでしょう。

行政書士の模擬試験を受けたら解答速報を利用しよう

男の人

行政書士の試験合格率は低い

行政書士の試験は、毎年5万人もの人が受けている人気資格だといえます。ですが、合格率が10%を超えることは滅多にありません。5万人が受験して、5000人も受からないということになります。さすが難関と言われるだけあって他の資格に比べて合格率が低いです。合格するためには、60%という合格ラインを越える必要があります。試験の難易度が毎年変わるので、合格率が上下する傾向にあります。

試験科目の種類

試験科目が今現在8つあります。法令等科目(憲法・行政法・民法・商法・基礎法学)一般知識(政治経済社会・情報通信個人情報保護・文章理解)に分かれています。法令等科目から46問、一般知識から14問が出題されると言われています。合計すると300点になりますが、合格ラインは6割になっているので、180点から上の得点を取ると合格になります。

法律に関する問題がたくさん出題される

試験には行政書士として活動していくために必要な法律の知識を身に付けなければいけません。この覚える法律の数が多いので、法学部を出ていないと合格するのは難しいと思われている方もいます。ですが、実際は法律を全く勉強したことがない人でも勉強して合格しています。これまで法律に触れたことがない人でもやる気次第では合格することが十分可能です。

誰でも受けられる

行政書士の試験を受けるために必要となる資格や学歴、年齢、国籍などはありません。なので、誰にでも受験して合格できるチャンスがあるといえます。一定の知識があれば、行政書士試験は合格することが出来ます。なので、スクールや通信講座、模擬試験と解答速報などありとあらゆる手段を駆使して知識を身に付けましょう。そうすることできっと合格への扉が開きます。

広告募集中