行政書士資格の勉強法【市販テキストと通信講座を徹底比較】

資格の必要性

幼稚園教諭や行政書士になるためには、資格が必要不可欠です。資格を持っていれば、転職などを考えた時にも有利になります。また、資格が活かせる職場であれば、即戦力になることが出来ます。資格は、大学やそのほかの学校などさまざまなやり方で勉強、取得できますが、独学や通信講座で資格を取る方もいます。

行政書士資格合格のコツ!短期間合格するためには通信講座がおすすめ

女性

行政書士の資格は独学でも取れる?

国家試験の中でも難関と言われている行政書士の資格を、独学で取ることは非常に難しいです。ですが、不可能ではありません。正しい勉強法をすることにより、着実に合格へ近づいていくことが出来るでしょう。独学でも勉強方法は、主に2種類あります。市販のテキストなどを購入して勉強する方法と、通信講座から届くテキストなどで勉強する方法です。どちらも模擬試験と解答速報を利用して勉強するといいでしょう。

独学に掛かる勉強時間

独学で勉強して合格するためには、それなりの時間が必要になります。正直学校やスクールなどで指導してもらいながら勉強するのが一番効率がいいといえます。ですが、社会人など仕事をしている人はそんなまとまった時間を取れません。なので、独学を強いられます。独学は時間が掛かるイメージがありますが、学校へいく通学時間などを考えるとそこまで非効率的だとはいえません。合格までに掛かった勉強時間は、個人差があるので一概には言えませんが、1000時間くらいを基準に考えるといいでしょう。もちろん300時間で受かった人もいれば1000時間で合格できない人もいます。要は本人のやる気次第なのです。

通信講座と市販のテキストでの勉強比較

市販のテキスト

市販のテキストは、自分のペースで勉強を進めていくことが出来ます。1個ずつが安くなっているので、終わるたびに購入できるのでまとまったお金が必要になりません。ですが、複数のテキストをこなしていくことになるので、一度勉強した内容を何度も何度も繰り替えすこともあります。また、分からないことがあったら全て自分で調べる必要があります。

通信講座

通信講座によって微妙な違いはありますが、分からないことがあれば質問をチャットなどで飛ばして解答を得ること出来る講座もあります。また、市販のテキストのようにひとつひとつ選ぶ時間が必要なく、合格のために必要な知識を教材を送ってくれます。勉強した場所を重複する必要などもないので、効率的だといえます。ですが、市販のテキストにはさまざまなバリエーションがあり、自分にぴったりのものを選べますが、通信講座ではそれが出来ません。

どっちがおすすめ?

これまでに行政書士に関する勉強を全くしたことがない人は、通信講座がおすすめです。勉強をしたことがある人に通信講座がおすすめできないわけではありませんが、自分に必要な分を市販のテキストで補った方が安く済み効率もいいといえます。なので、市販のテキストがおすすめ出来ます。

[PR]行政書士の解答速報を見よう!
人気の通信講座の情報が満載☆

広告募集中